不満を感じる浴室を快適でリラックスできる快適な空間に!リフォームで失敗しないコツをご紹介します

このサイトは不満を感じる浴室を、落ち着いて入浴出来る快適な空間にしたいと考えている人にお勧めのリフォームで失敗しないコツをご紹介しています。
古くなったお風呂場を思い切って綺麗にして、使いやすくしたい場合に参考になるはずです。
お風呂場と同時に改修作業をしたいのが洗面所です。
纏めて工事をすることで、見違えるようになる可能性があります。
また多機能で工期が短く費用も安いのがユニットバスの改修工事でお勧めです。

不満を感じる浴室を快適でリラックスできる快適な空間に!リフォームで失敗しないコツをご紹介します

古くなった浴室の悩みがあるためリフォームをしたいけれど、失敗するのが心配だという人もいるのではないでしょうか。
不満のある箇所があちこちあるのなら、気になるところを全てまとめてリフォーム依頼した方が良いです。
浴槽の交換と追い炊き機能や浴室暖房乾燥機を付けてより快適な浴室にしたいという場合にも、一度におこなう手間や費用を減らせる可能性があります。
またマンションの場合は、可能な工事とそうでない工事があるので確認が必要です。

浴室リフォームに最適なタイミング

浴室をリフォームするタイミングは非常に重要で、これをきちんと見極める事ができないと大幅に修繕費がかかってしまう場合もあるので非常に大事なポイントです。
まずはきちんと室内を観察して、以下のような事が起きていないか確認する必要があります。
最初のポイントは掃除をしたのにカビが取れないとか、すぐに生えてきてしまうなんていう事がありませんか。
これらはひび割れが起きていてヒビの中まで生えてしまっている場合や、換気扇などの換気機能が落ちてしまっている事が考えられます。
コーキング材や壁材などにひび割れが起きている場合も、中まで浸食して木材などを腐らせてしまう場合もあります。
他にも高齢になってきて生活の際に安全を確保する可能性が必要な時もあります。
躓かないようにバリアフリーにするなど安全面を考慮して浴室を改装する事も考えられるでしょう。
寿命がきているのか、年齢に合わせた安全性を考慮するのかでタイミングは違ってきます。
緊急性が高いのは経年劣化による場合です。

イメージを固めるところから始める浴室リフォーム

浴室リフォームはただ単に新しくするだけでなく、イメージを固めて理想に近づけることが大切ではないでしょうか。
折角内装に手を加えて浴槽も刷新できるわけですから、既存の設備をそのまま入れ替えるだけだと勿体ないです。
そこで浴室をどうしたいか、どこに不満があって何を希望するかを明確にして、具体的なリフォームの検討に入ることが重要です。
浴室そのものは床や壁の質感や色、撥水や防汚などの機能もそうですし、浴槽は大きさや深さなどが検討のポイントになります。
親子で暮らすなら将来を見越して手すりの設置も検討すべきですし、介護が必要になった時のこともしっかりイメージすることが大事です。
浴室の設備を新しくするということは、生活の変化に対応することも意味しますから、ライフスタイルやライフステージに合わせて設備を検討したり選ぶこともまた重要です。
何となくではなく具体的に、不満を減らし希望の実現を目指すことが、肝心なことだといえるのではないでしょうか。

浴室リフォームでできることとできないこと

浴室リフォームをしたい場合、一体どのようなことができるのでしょうか。
基本的には、水回りをそのままにして、壁などを全体的に変更することは可能です。
浴室の部分でもでもバスタブの部分だけを変更することもできるかもしれません。
ただ、この場合には全体的に新しくした方が良い可能性もあります。
バスタブに何らかの問題があると言う事は、壁などにも何らかの問題がある可能性があるからです。
ちなみに、新しくする場合には、どれぐらいの頻度で行ったら良いのか気になるところですが、一般的に20年以上経過した場合はかなり劣化してくる可能性があります。
そうすると、どこか問題が生じている場合でもなくても、やはり20年以上経過した段階で、一通りきれいにした方が良いと言えるわけです。
できない事はいくつかありますが、場所を移動させた場合になります。
場所を移動させる事は絶対にできないわけではありませんが、制限がかかると考えて良いかもしれません。
そのためできることだけを依頼するべきです。

浴室リフォームはショールームで実際の設備を確認

みなさんお風呂の浴室がそろそろ不便になってきてリフォームをしたいと考えている方はおられると思います。
それでショールームを見学しに行きたいけどその見学の仕方がわからないなどの方がおられると思います。
なので今回は浴室のショールームの見学の仕方について紹介します。
見学の仕方は実際の設備を確認することがとても重要です。
なぜかと言うと実際の設備を確認することによって、買った後の不満が少なくなったり、間違った買い物にならなくて済むからです。
お湯を自動で入れてくれる機能が欲しかったけど、買ったお風呂にはついていないなどの悩みが機能を確認していれば起きないのでしっかり確認しましょう。
また大きさなども測るとより自分が求めているものが手に入るのでおすすめです。
このように機能を確認することによって間違ったり、不満が多くなったりすることがなくなりますし、自分に合った浴室を変えるので気になっているという方はぜひ一度試してみてください。

著者:稲吉徳三郎

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
昨年自宅の浴室をリフォームし、毎日癒しのバスタイムを送る。
自分の体験をもとに浴室をリフォームに関する記事をまとめました。
浴室のリフォームを福岡でしよう!